2005年07月24日

「六本木ヒルズ回転ドア事故の真相」

失敗学会の畑村教授が中心となって解明したプロジェクトに関するNHK ETV特集「ドアに潜む危険〜畑村洋太郎の危険学入門〜」より
http://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2005/0430.html

オランダから回転ドアを輸入(安全性の面から軽量化を重視した総アルミ製)
日本で景観の面から人気の高いステンレスをアルミにかぶせる(1トンほどの重量が1.3トンほどに増加)
重量が増加したため異音を発するようになり,クライアントから苦情続出.
苦情を受け,回転ドア上部に自走式のモーターを4機増設したことにより,質量が2トン程に増加.(従来型のモーターは,回転ドアの質量に影響を与えないように配慮され天井に固定してあった.)
三和タジマの前身の会社が倒産後三和タジマ設立されるも,前会社の回転ドアに関する資料がほとんど残っていないため,それまでの開発の経緯が不明なまま箱だけ存在するという状況下でスタート.
ビルに吹き込む風により回転ドア自体が揺れるため,さらに重量を増加し,最終的に2.7トンまで増加.(欧州では日本ほど高層ビルの需要がないため,ドアが揺れるほどビル風は発生しない.)
軽量さによる安全性確保の欧州型の従来の理念がいつの間にか消え去り,重量感を増し破壊力を増した改悪型の回転ドアにより,尊い人命が失われる.
後の調査で,1トンの回転ドアは安全装置が危険を察知するのとほぼ同時に動作を止めることが可能なため安全だが,2.7トンの回転ドアは安全装置が作動してから回転ドアが動作を止めるまで40cm程オーバーランをすることが解った.
また,ドアを天井から吊っており水平方向に遊びがあるため,ドアと壁の間に幼児の頭が巻き込まれてしまうことも明らかになった.

http://www.asahi-net.or.jp/?pu4i-aok/core/memodata/800/m880.htm
10Jで怪我をするところ,864Jの負荷がかかって死亡だそうで.

失敗学会という学会に対して若干懐疑的な感じがしていました.
新しい理論を確立するでもなく,技術やアプリケーションを開発するでもないため,研究者がこの分野に積極的に参加するかが疑問だったからです.
しかし,このように損失の原因を調べ,非常に有意義な結果を世に示すことで,この学会の発展や社会への還元が活性化されます.
今後も期待しています.
また,今後あのような痛ましい事件が二度と起こらぬよう祈念しています.

2005年07月17日

Mac OS XのRSSアグリゲータのフリーウェア比較

「1.NetNewsWire Lite」
  
 (利点)
  ・軽量
 (欠点)
  ・現在配信されているRSSを反映するだけで,エントリが蓄積されない.(有料版なら蓄積可.)




「2.PulpFiction Lite」
  
 (利点)
  ・バランスがよい
 (欠点)
  ・エントリ数が多くなると,レスポンスが著しく悪化する.
   (全ての情報を1つのDataBaファイルに集約しているため?)




「3.MiNews」
  
 (利点)
  ・Safariの「Web Kit」コンポーネントを使用したブラウザ内蔵
 (欠点)
  ・デフォルトでレスポンスが重い.
   (データベースを使わずrdfファイルを直に読み込んでいるため?)




「4.NewsMac」
  
 (利点)
  ・Palm,iPodとのシンクロ
  ・閲覧サイトを階層に分けられる
  ・日本語インタフェース
 (欠点)
  ・現在配信されているRSSを反映するだけで,エントリが蓄積されない.(有料版なら蓄積可?)
  ・ブラウザに記事を表示するのに,ブラウザが前面にポップアップされる
  ・起動が遅い




「5.RSSBrowser」
  
 (利点)
  ・Safariの「Web Kit」コンポーネントを使用したブラウザ内蔵
 (欠点)
  ・インタフェースが独特なので,慣れるまで使いづらい




「6.RSSOwl」

 (Javaというのだけで重そうな先入観を持っており,試していません)




「7.その他」
パナボラミニ / RSS Menu(bar) / MulleNewz(Dock) / SlashDock(Dock)





利点に関しては各個人のユースケースマターでプライオリティが大幅に変わってくるので,ここでの言及は最小限にとどめ,大幅に省いてあります.
各サイトのFeatureを適時ご確認下さい.

NetNewsWire Liteが人気があるようで,僕も少し使ってみたのですが,ヘッドラインが蓄積されないのは辛いですね.
nikkeibp.jpなどは,一日に何度も更新されますし.

僕個人としては,NewsMacに注目しているのですが,ニュースを読むためにヘッドラインをクリックする度にSafariが画面前面にポップアップされるのは辛い.
大概,10くらいのヘッドラインがブラウザのタブに溜まってから一気に読むし,その方が逐次記事を読むより効率的.

ユースケースとしては,以下のように分類されるかと思います.

エントリが蓄積されなくても良い場合で,エントリをブラウザに送付するに当たり,ブラウザはバックグラウンドに待機したままが良い場合,「NetNewsWire Lite」.
エントリが蓄積されなくても良い場合で,かなり多くのサイトを購読し,ブラウザがアプリケーションの最前に表示されても良い場合は,「NewsMac」.
エントリが蓄積される必要がある場合は,強力なマシンを持っているなら,「PulpFiction」.
ブラウザが内蔵されている必要がある場合は,強力なマシンを持っているなら,「MiNews」.

上記以外のケースでは,NewsFireやNetNewsWireといったShareWareを購入するしかないのでしょう.

Cf. http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/mac/1098949878/

2005年07月07日

Carbon Emacs on Mac OS X

carbon_emacs.png

史上最強のエディタとも言われる「Emacs」.
銭谷さんのパッケージは秀逸だがG3 iBookではきついので,軽いバイナリを作った.

・Emacs CVS 20050704(22.0.50.1)版
・Inline patch 20041229版 inline_patch-20041229.tar.gz
・吉武さんの透明化パッチ transparency-2.1.0.tar.gz
・Mule-UCS CVS 20050704版
・carbon-font.el
・mac-utf.el
・Quartz 2Dアンチエイリアシング
・日本語入力文字化け対策 (参照[lists.sourceforge.jp])

Pantherでしか動作確認をしていないので,別の環境では動作しないかもしれません.


手順を以下に備忘する.

-------Carbon Emacs Instructions to Compile-------


/* cvs */
$ emacs ~/.cshrc
  setenv CVS_RSH ssh
$ cvs -z3 -d:ext:anoncvs@savannah.gnu.org:/cvsroot/emacs co emacs


/* patch
  1) inline-patchは,エラーでrejectされるので,*rejファイルに基づき一部手動
*/
$ cd emacs
$ patch -s -p0 < ../inline_patch-20041229/emacs-inline-patch
$ patch -s -p0 < ../transparency2/transparency2.patch
$ emacs src/puresize.h
  SITELOAD_PURESIZE_EXTRA 60000

/* DoIt
  1) OptimizationはG3用.-O3ではコンパイルが通らないこともある.
  2) "make" "make bootstrap" は要時間 & 要ディスク空き容量.
*/
$ ./configure CFLAGS="-O3 -mcpu=750 -pipe -mpowerpc-gfxopt" --with-carbon --without-x |& tee mylog_carbon_configure
$ make bootstrap |& tee mylog_carbon_make
// X11版を作る場合
// $ ./configure CFLAGS="-O3 -mcpu=750 -pipe -mpowerpc-gfxopt" --without-carbon --with-x |& tee mylog_x_configure
// $ make |& tee mylog_x_make
# make install |& tee mylog_install


/* mule-ucs
  1) set-buffer-file-coding-systemをセットしないと,txtファイルがutf-16になる
*/
$ cvs -d:pserver:anonymous@cvs.meadowy.org:/cvsroot login
$ cvs -d:pserver:anonymous@cvs.meadowy.org:/cvsroot co mule-ucs
$ emacs -q --no-site-file -batch -l mucs-comp.el
$ emacs ~/.cshrc
  (utf-translate-cjk-mode 1)
  (require 'un-define)
  (set-language-environment "Japanese" )
  (set-default-coding-systems 'euc-jp-unix)
  (set-buffer-file-coding-system 'euc-jp-unix)
  (set-terminal-coding-system 'utf-8)
  (set-keyboard-coding-system 'sjis-mac)
  (set-clipboard-coding-system 'sjis-mac)
  (set-file-name-coding-system 'utf-8)


/* lisp */
・carbon-font.el


/* 入力文字が文字化けする場合
cf. http://lists.sourceforge.jp/mailman/archives/macemacsjp-users/2005-June/000452.html
*/
$ emacs ~/.emacs
  (add-hook 'mac-im-update-active-input-text-hook
    (lambda (str fix &rest text-properties)
      (if (not (coding-system-equal
        'sjis-mac (keyboard-coding-system)))
          (set-keyboard-coding-system 'sjis-mac)))
        t)

------------------------------------------------------------------------
site-init.elをlispディレクトリに格納した配布版を作成する場合の注意点.
1) site-init.elは通らないので,site-start.elで回避. (サンプル:site-start.el)
2) mac-utf.elは"lisp"ディレクトリではなく,"lisp/mule-ucs"ディレクトリに格納する.
  (mac-utf.elからun-define.elを読み込んでおり,コンパイル時発見できない.)
3) "lisp/Makefile"の
   $(emacs) -f batch-byte-compile-if-not-done $$el || exit 1; ?
  の箇所を3カ所,以下にreplace-string.
   $(emacs) -f batch-byte-compile-if-not-done $$el ?
5) Tiger上でコンパイルするときは,CPPFLAGS="-DOLDROUTINENAMES"をconfigureの引数に含める.
6) こんな遠回りをしなくても,MacEmacsJPからパッケージをダウンロードして,
  $ make src ucs-src _mule-ucs compile dmg
 をすれば,inlineは付与しないものの同じような物が出来るはず.
(追記 2005-07-24)
7) site-start.elも起動時に読み込まれないので,.emacs.elに 1)の内容を記述し,lispファイルもパスを通すこと.

Cf.
・http://macemacsjp.sourceforge.jp/index?MacEmacsInstall#content_1_2
・http://sakito.s2.xrea.com/detail/emacs/emacs21.html#doc1_91
・http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/mac/1090151474/755-855
・http://books.ki.nu/rakuraku/inline-update.html
・http://tdiary.flowernet.gr.jp/jado/?date=20050423
・http://lists.sourceforge.jp/mailman/archives/macemacsjp-users/
(Optimization)
・http://www5f.biglobe.ne.jp/~nekocan/group_lab/folder_advance/ht_advmame4.html
・http://www.freehackers.org/gentoo/gccflags/flag_gcc3.html

2005年07月06日

I'm sorry for your trying.

お久しぶりです.

コメントスパムでサーバのホスティング容量が超過しているのに気づかず,その結果,このMovable TypeのコメントとトラックバックのBerkeley DBデータベースが故障してしまいました.
現在もコメントとトラックバックを受け取ることが出来ません.
コメントやトラックバックを寄せるトライをして下さった方,申し訳ありません.

現段階で,コメントスパムの対策は済んでおり,またホスティングの容量もxreaさんに増量して貰ったので,今後は安心かと思いますが,今まで頂いたコメントやトラックバックが窮地に貧してしまいました.

db_dumpやdb_loadでデータベースの復帰をはかったのですが,芳しい結果は出ず.
今までに頂いたコメントやトラックバックを全て破棄して再スタートを切るか,新しくblogをもう一つ立ち上げるか,遍く思慮を巡らせています.
せっかく頂いたコメントやトラックバックなので,破棄するのは本意ではありません.

良い機会なので,いつもコメント下さる方,トラックバックを下さる方,また閲覧して下さっている方々に,ここで感謝の意を表したいと思います.

とりあえず更新は出来るのですが,コメントやトラックバックがblogの醍醐味でありますし,何か対策をしたいのですが.
なんかいいアイデア無いかな・・・


------(2005−07−14追記)--------
コメントとトラックバック,受け取れるようになりました.
Berkeley DBからMy SQLに変更し,逐一手動でデータを移管しました.
今後もどうぞよろしく.