2005年03月26日

「中田を入れずに後悔するより、入れて後悔することを選んだジーコ監督」

今回の敗因は、イランが強かったわけではなく、ましてや12万人のイランサポーターの熱狂的応援でも無く、ジーコ監督が単に選択を誤っただけに過ぎない。
4バックのテストがしっかりと出来ていない状況で、中田を入れたいがために4バックへ移行したが、そのリスクに似合った活躍を中田が出来ず逆に盲点をつかれた形となった。

失点は2点とも加地がマークすべきハシェミアンの得点だったことを考えると、従来慣れ親しんだ3バックを選択していれば、これらの失点は防げた可能性が高い。
実際、イランの組織は酷いもので、日本代表に対する中盤でのプレッシャーは皆無で、日本は比較的自由にボールを回せたし、自分たちのペースで落ち着いたゲームメークすることが出来る状況だった。

確かに、以前積極的に4バックを導入して結果を出していた時期もあり、前半と後半で3バックと4バックをフレキシブルに変更出来ていたこともあった。
しかし、ここ最近は3バックが定着しており、確実に結果を出していたのにもかかわらず、急造4バックをこの大一番に持ってきてしまったという選択に誤りがあった。

ジーコ監督の決断が、そのギャンブルに負けたのだ。
中田を入れず、従来の組織で試合を運んでいたら、苦もなく勝てた試合だったであろう。

5日後のバーレーン戦では、中田をスタメンから外して3バックに戻すという選択をジーコ監督が英断出来るかどうかが焦点。
もちろん、中田が5日間でペースを戻してくれることが一番良いが、その可能性は高くないというのが妥当な判断だろう。
怪我が開けてから実践はたったの数試合なので、チームの中心に据えるには試合勘が戻っていないという点で酷だった。

また、高原と玉田をスタメンに選択したのは妥当だが、彼らの出来が著しく悪かったのも誤算だった。
高原はトラップが足下に落ち着かず、玉田はピッチに足を取られ続ける。
何の因果か解らないが、従来のパフォーマンスにはほど遠い結果だった。

それにしても、今回ほどジーコ監督の神通力が届かなかった試合も珍しい。
それほどまでに、これまでの道のりでは神懸かり的な劇的展開を伴う試合が多かった。
一次予選のホームでの対シンガポール戦や、最終予選での対北朝鮮戦は、まさに試合終了という時間帯になっての劇的得点だったし、昨年のアジアカップも漫画みたいなドラマチックな逆転劇を各試合で演じた。
そういったこれまでの奇跡を考えると、神通力の中休みといったところだろうか。

しかし、最終予選6試合のうち、負けてもある程度許される試合というのは、このアウェイでのイラン戦だけだろうし、中休みするのが許されるのもこの試合だけだろう。
残りの試合では、今回のような博打をすることなく堅実なメンバー編成をし、確実な試合運びをして欲しい。
もう負けが許される試合は残されていないのだから。