2004年10月29日

「カズ・ゴンなどの代表復帰、熱烈歓迎!」という意思表示

三浦知良選手や、中山雅史選手といった、かつて日本代表として貢献した選手を、W杯一次予選最終戦であるシンガポール戦にA代表として招集しようと言うジーコのビジョン。
発表当初川淵キャプテンには絶賛されていたが、選手を派遣する側のJリーグ各クラブサイドから「NO!」を突きつけられた。
で、結局数人の枠に収めるというところで妥結する模様。
背景には、自分のチームに所属する若い選手にA代表の経験を積んでもらいたいという各クラブ側の主張がある。

しかし、サッカー先進国に追いつくには、貢献した選手を尊重することは必要不可欠なのではないかと思う。
日本サッカー界では、アメリカ大リーグの年金制度や殿堂のような、選手生活後の保身に関する優れた制度整備が、金銭と名誉の両面でまだまだ不足している。
殿堂はJリーグにも導入されたが影響力が弱く、また金銭の制度整備にはまだ時間がかかるであろう現状で、せめてピッチの上で活躍するという機会を与えるのは、それほどいけないことだろうか。
かつての主力メンバーがもう一度ピッチの上で活躍することは、共に戦う現役選手も得るものがあるかもしれないし、なによりファンが期待しているだろうし、少なくとも僕は見たい。

また、藤田俊哉選手のように日本代表にサブとして帯同している選手を、次の試合では厚遇するべきであろう。
これは、おそらく実現するとは思うが。
アジアカップの時など、スターティングメンバーの選手達は、常にサブのメンバーの盛り上げに感謝していた。

Jリーグは、拡大路線を進むのも多分に結構だが、選手の選手生命後の保護を充実させる事にも予算をつぎ込むべきだと思うが。

2004年10月28日

弦楽カルテットをやろう。

ゲーム音楽の音源から弦楽カルテット譜を作成してみました。
興味のある方、是非一緒にカルテットしませんか?

1. 「divergent flow (short version)」from はにはに
 ・スコア(jpg形式、zip圧縮)[0.68M]
 ・midi音源(wma形式)1分38秒 [1.14MB]

2. 「jewerly days (short version)」from オーガストファンBox
 ・スコア(png形式、zip圧縮)[0.31MB]
 ・midi音源(wma形式)2分27秒 [1.72MB]


原曲の著作権はすべてオーガストに帰属いたします。
また、原曲の作曲者は、「divergent flow」はHiroki氏、「jewerly days」はDJ SHIMAMURA氏です。
ここでの公開資料は、オーガストオフィシャルHPの規約に沿っています。

2004年10月27日

ObjectDock Theme : Mac OS X Panther

ObjectDockのテーマで、PantherチックなのがWinCustomize.comに見つからなかったので、自作してみた。

screenshot.jpg

ファイルはこちら。(9KB)

2004年10月16日

Google Desktop Search

PC内を走査し、アイドル時間にインデクスを行って、ファイル検索の高速化を実現。
WindowsではLonghornで実現される予定だが、一足早くということ。
Gmailのように広告打つようになるんだろうな。
IEの履歴も検索するそうだけど、IE使わないしなぁ。
Outlook内も検索しているけど、使ってない。
両方使っている人にとっては、相当有益だろう。

インデクスの範囲なんだけど、ユーザのディレクトリしかインデクスの対象にならないようで、ProgramFilesとかSystem32とかは見に行ってない模様。
これから見に行くのかな。

でも、速いから便利ですね。
namazuで管理していたファイル群も、インデクスされている。
pdf2txtやdoc2txtは、定期的にかけなければならないが。
これから重宝しそうです。

2004年10月11日

映画「モンスター」(2003米)

監督:パティ・ジェンキンス

主演:シャーリーズ・セロン
   クリスティーナ・リッチ

受賞:アカデミー賞最優秀主演女優賞(シャーリーズ・セロン)
   ゴールデン・グローブ賞最優秀女優賞(シャーリーズ・セロン) 他

渋谷シネマライズ等で上映中







あらすじは公式サイト等で詳細に書かれているので割愛。


まず何と言っても、殺人鬼アイリーンが最初に殺人を犯したときの主演のセロンの演技が、誠に見事。
保身と倫理の狭間での瞬間的な苦悩、そして、超えてはならない一線を越えてしまった現実との対峙。
アイリーンの、そして何よりセロンの、声にならない心の葛藤での叫び声が、スクリーンを超えてはっきりと明確に聞こえてきた。
セロンが15歳の時に目にした、父親に対する母親の正当防衛の発砲および射殺の瞬間をも、同時にスクリーン上に映し出されているようだった。


また、この映画の縮図ともいうべき、アイリーンが自嘲気味に言ったシンプルなセリフがある。
「Hmm. I'm a fucker.(生まれながらの娼婦だよ。)」
このセリフ、僕にはグサッときた。


良くわからなかったのが、セルビーの心情だ。
テレ朝の「虎ノ門」という番組で、井筒和幸監督がやはりわからないと言っていたのだが、同感なのだ。

良くわからなかったなりに僕なりの解釈すると、ジェンキンス監督はセルビーを「未熟で行き当たりばったりで自己中心的な少女」として描きたかったのではないだろうか。
また、セルビー役を演じたクリスティーナ・リッチも、それを理解し演技に努めたのだと思う。
ただ、クリスティーナ・リッチは、僕には「Buffaro'66」の印象だかが染みついていて、無垢で無責任な自己中少女だとは見えなかった。

初めてスクリーンデビューする女優ならまだ先入観がないから、この程度の演出でも「あ、こんなもんか」と思えるかもしれない。
しかし、リッチは既に多くの表現で、様々な役を演じてきているので、各観客にはリッチに対する既成のイメージが方々に植え付けられている。
セロンのようなメーキャップをしているわけではなく素顔なので、植え付けられた既成概念を白紙に戻すために、映画の序盤でもう少しセルビーの内情を丁寧に詳細に描いて欲しかった。
ジェンキンス監督は初監督ということなので、以降に期待したい。


セロンはプロデューサにまで参加して、この映画を作り上げた。
おそらく15歳の時の事件や、その時守ってくれた母親への絶対的な愛が、この映画への情熱と働いたのだろう。

このような、使命感を秘めた映画は、観客の心に届くものが強い。
ユダヤ人の血を引くスピルバーグ監督が使命感に駆られて撮った「シンドラーのリスト」等が同列に挙げられる。


人の生と死、不公平や理不尽さ、正義とは悪とは・・・、様々なテーゼが見るものの心に何かを残すだろう。

10点/10点中

ObjectBar Tips

WindowsOSのタスクバーに様々なスキンをかける、Stardock社の「ObjectBar」の設定メモをまとめています。

(一部、こちらのコメント欄から抜粋。)

  1. バーに影を付けたい
  2. バーのメニュー項目を日本語化したい
  3. 画像ビューアの全画面表示で表示されてしまうバーを消したい



<1. バーに影をつける>

Stardock社のWindowFXをインストールします。

画面左「All OSes」の「Shadows」を起動し、「Enable shadows」「Hide shadows while moving & resizing」「Use shadows defined by the current WindowBlinds skin」「Apply shadows to menus」等を好みに合わせてチェックします。

影が大きすぎると感じたら、画面右の「Modify」ボタンを押し「Adjust shadows for shaped windows」をチェックします。


参考:Aqua-Soft Forums / この辺も



<2. バーのメニュー項目の日本語化>

デスクトップのバー上を右クリックして、「Properties」を選択すると、「Theme Editor」が起動します。

その中の左側にある「Docked Bars」カラムから、対象のスキンを選択し「Replacable Menu Section」を開くと、「File」や「Edit」や「View」等といった項目が登場します。

それぞれをクリックすると、右側の「Display」タブの「Item Text」に「Title」という箇所が表示され、「File」や「Edit」といった単語がボックスに記入されています。
それを「ファイル」や「編集」といった日本語に変更します。

入力した文字列は、このボックスの表示内では文字化けしますが、左下のOKボタンを押すことにより変更した日本語がバーに表示されるようになります。


以上だとバーのメニュー上は日本語化されますが、ポップアップメニューは英語のままです。

これを日本語にするには、先ほどと同様の手順で左側の「Replacable Menu Section」を開き、「ファイル」や「編集」といった変更済みの項目をカラム表示します。

そして、その変更済みの項目のうち、さらに変更したい項目をチェックし、右側の「Behavior」タブを表示させクリックします。

中段の「ObjectBar Commands」が「PopupMenu」であることを確認した後、「Customize Popup Menu」をクリックすると、「Edit Popup Menu」が起動します。

すると、各ポップアップメニューアイテムが表示されるので、変更したい項目を選択して、下の「Edit Item」ボタンを押して、「Item Properties」を起動します。

そこで、「Item's Title」の値を、「New Folder」なら「新規フォルダ」、「Open」なら「開く」などに順次変更します。

前回の通り、このボックスの表示内では文字化けしますが、表示は問題ありません。



<3. 画像ビューアの全画面表示で表示されてしまうバーを消す>

デスクトップのバー上を右クリックして、「Bar Options」→「Orientation」→「Always On Top」をクリックすると、WindowsXP標準の「Windows 画像とFAXビューア」(画像をWクリックすると自動的に起動するビューア)では、問題なく全画面表示が出来ました。

また、デスクトップのバー上を右クリックして、「Bar Options」→「Use AutoHide」を適時使用して、バーを格納するのも一つの手だと思います。



<サイト内関連リンク>

  1. WindowsのアピアランスをMac OS X風にしてみる

  2. ObjectBar日本語表示パッチ