2004年08月28日

オリンピックと行き過ぎたナショナリズム

「金メダルとった人が偉い。だから必ずしもオリンピックで日本を応援しない。」っていう考えを、ニーツオルグの人が語っている

これに関しては、フローラン・ダバディさんが常々仰っている博愛主義に近いのではないだろうか。
ダバディさんは、中国、慶重でのアジアカップでのブーイング事件に際して、「ナショナルチーム同士の対戦は廃止したほうがいい」とblogで発言していた。
ナショナリズムを排した、より俯瞰的な視点。

あんまり深く語るつもりは毛頭無いので短い考察だけれど。

ナショナリズムの揺動は、一致したベクトルを向くことにより衝突を回避すること目的とした、各個人の無意識な恣意性によるものでしょうし、ナショナリズムが衝突回避の一役を担っているのは明確でしょう。。
その揺動に流されやすいか否か、乗りやすいか否かの程度が各個人の温度差に直結するわけだが、その温度が高い人が揺動作戦をとるテレビ番組を見るということは一つ言えることだと思う。

近い将来、より所得に差が出てくるようになると、企業も広告を打ちたいターゲット所得層に対しクリティカルに攻めるようになると予測されるため、テレビ中継も多様化してくると思われる。
ナショナリズムを煽り絶叫する中継と、インテリジェンスな解説を付与した落ち着いた解説とか。

それに関しては、所得だけじゃなくて、気分にもよるところが大きいと思うが。
しっとりじっくりみたい気分の時もあれば、酒飲んで仲間と騒ぎまくりたい気分の時もあるし。

そういう意味で、今回のアテネオリンピックは興味深い。
同時刻に複数チャンネルで同一競技を放送していたのだが、地上波やBS1で放送される解説と、BS-Hiで放送される解説に差があったからだ。
民放の実況解説をうるさいと感じる人はBS-Hiへ、BS-Hiではおもしろみがないと感じる人は地上波へ、移動した人もいるのではないか。
画面こそIOCの作成した国際放送で一致していたが、若干毛色の異なる解説をオンデマンドで選べるのは良い傾向だ。

多チャンネル時代の実況解説は、各個人によるオンデマンドな「取捨選択」だろうと思う。


ちなみに、ニーツオルグのさやわかさんのネットラジオを以前たまたま聴いたのですが、「W(ダブルユー)」のアルバム「デュオU&U」について、オリジナル曲との差異とか、つんくのアレンジが愚直とかという話題で、オリジナル曲を全く知らない僕にはとても面白いラジオでした。
あの時はありがとうございました。



さて、アテネオリンピックついでにもう一つ。

水泳のシンクロナイズドスイミングは、技術や努力や指導は満点だけど、選曲があかんと思う。
いや、スペインがフラメンコを選曲してくるとか、ロシアもロシア民謡ぽいオーケストレーションしてくるとか、割と国の特色ある曲を選曲する傾向はわかるので、太鼓とか和風の笛とかで曲を作ってくるのは別に悪い訳じゃないけど。
採点競技なので、点数は出ないよね。

なぜなら、採点している人の中心は、欧米人だから。
例えば、団体のテクニカルルーティーンでは、欧米が3カ国、その他が2カ国。

だから、和風な曲を持って行っても採点者には(さらに言えば会場の観客にも)亜種としか受け止められないので、演技云々の前に、曲を聞いた段階で拒否反応があると思うのだ。

やはり、クラシック音楽に小さな頃から親しんでいる欧米の採点者。
最後に「どかーん!!」と盛り上がって終わるようなクラシック音楽を使われれば、反射的に「ブラーバ!!」と拍手するようにインプットされているだろうが。
反面、太鼓や笛だけだと、演技終了時に「え、終わったの?」という感じで、感動に浸りづらい。
だから、最後にどかーんとくるような、チャイコフスキーの交響曲第5番みたいな曲を採用すればいいと思う。

だからといって、日本色を一切廃せよ!と言いたいわけではない。
もちろん、日本をイメージできるようなメロディーがあれば、選手も乗ってくるだろうし、日本を国際的にアピールすることを要望する人(役人とか)もいるだろう。

日本が金メダルを取れるとしたら、一つ。
和風の音階をベースとしたクラシック音楽を、池辺晋一郎先生のような人に書いてもらえばいい。
NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」のテーマ曲とか、見事だと思う。
N響アワーで笑えないダジャレ言って、壇ふみに冷めた目で見られているだけのおじさんではないんだよね。

いや、作曲依頼にいくらかかるのかは知らないけど。
強化費として曲にお金を掛けるのは、悪くないと思うな。

そういう意味では、シドニーの「火の鳥」が現実的には過去一番金メダルに近かったのだと思う。

次の北京では、こういう傾向で行って欲しいな。
あ、そうか、北京か。
北京じゃクラシック音楽持って行っても観客には受けないかな。

こう書くと、「採点するのは採点者で観客は関係ない」と主張される方もいるかもしれない。
でも、採点競技では、意外と観客の声援は見方にしなくてはいけないからね。
男子体操個人鉄棒のネモフ選手(ロシア)の演技・採点の一連の流れを見ると、観客は無視できないと正直に思う。

ということで、その次のパリかニューヨークかでは、そういう曲を選曲すると金メダルとれると思うぞ。

投稿者 kazumichi at 00:29: [diary]

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL
http://www.kazumichi.org/b/mt-tb.cgi/166


コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?
Do you want to register your name and E-mail Address?





以下のボックスに左の数字を入力して下さい.
(Please enter the characters into the below textarea.)