2004年07月27日

Opera7.53ニュースフィード

Webブラウザ「Opera」のRSSリーダを試用中で、少しはまっています。
Opera7.53のインストール方法は、Opera.htmlによると、7.52jaをインストール後、7.53enを上書き。

昔glueなんとかっていうRSSリーダをインストールしたら、電光掲示板みたいなのがデスクトップに登場しやがって(僕には至極不必要)、それ以来RSSリーダに関しては、食わず嫌いというか見て見ぬふりをしていた。そこに登場した、Opera。Opera7.50以降のバージョンは、デフォルトで「ニュースフィード」と呼ばれるRSSリーダ機能が付与されている。WebブラウザはOperaな僕、今更ながらRSSリーダをちょっと使ってみることにする。

RSSを発信しているサイト(また、サイトのページをパースしてRSSを代理的に発信しているサイト)は、直接ニュースフィードで取り込む。(Bulknews読兎オレンジニュース等は便利で楽しい。)
RSSを発信していないサイトは、はてなアンテナに登録して、はてなアンテナが発信するRSSを取り込み、更新確認をする。(なつみかんLIRS2RSSを利用する方法もある。)

こんな感じで、試しにすごしてみることにする。

少し使用してみたが、それに伴う今後の要望を3つ。

1) RSSで配信される記事は、たいてい一つに付き一つのURIが付与されるので、そのURIのリンクをマウスを使用せずにキーボードから開きたい。よって、そのURIを開くキーを何か割り当てて欲しい。(切実)(「リターン」「a」「リターン」で実現可だが、3つもキー押すのは冗長.)
・・・RSSリーダって便利なんだけど、実はRssRollingのようなインタフェースがいちばん読みやすい気がする。RssRollingは、リンク開かなくてもサマリを表示してくれているし、一覧表示だし、良くできてる。結局RSSリーダは優良なWebページには勝てないのかもしれない。

2) 複数のサイトから配信されたRSSをマージして、時系列にソートしたものを一括して読みたい。・・・と思ったら、「フィルタ」で「全てのヘッダ が次を含む rss.opera.com」を指定すればいいので、これは解決。フィルタで正規表現のアスタリスクを使えば、付属のM2(MUA)の受信メールも含めて、時系列にソートできる。便利かも。

3)記事から記事へと「スペースバー」のみで移動しているのだが、効かなくなるときがある。

上記1)と3)が解決されたら、RSSリーダを使ってもいい感じ。それまでは、Webサイトに多くを頼らざるを得ない。

上記の 2)が少し気に入ってしまったので、Meadow+mew-3.3だったメール環境も移してみた。
すると、嬉しいことが3つ。
1) M2(MUA)は、emacs風のキーバインドで書くことが出来る。(参照)
2) 「受信メール」と「アンテナ」と「RSS」が一括して時系列に並んでいるので、up2dateな情報をここだけで把握できる。
3) 当然、ベイジアンフィルタや文字列検索が可能。

<下図は 上記 2) の図式>
opera_2.jpg


今後のアップデートに期待。


(2004.09.01 追記)
上記で

3)記事から記事へと「スペースバー」のみで移動しているのだが、効かなくなるときがある。
と書いたが、原因判明。
「IMEがオンになっていると効かない。」
スペースバーが効かないなんて程度の不具合が、再三のアップデートで放置されているのはおかしいと思っていたが、Opera側じゃ対処のしようがないし、そもそもノルウェー等の欧米の開発者はIME使ってなさそうだしね。

投稿者 kazumichi at 07:33: [windows]

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL
http://www.kazumichi.org/b/mt-tb.cgi/160


コメント

I love music!

Posted by: Attacker : 2006年09月06日 04:44
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?
Do you want to register your name and E-mail Address?





以下のボックスに左の数字を入力して下さい.
(Please enter the characters into the below textarea.)