2004年05月11日

Winny開発者逮捕

P2Pソフト「Winny」の開発者が逮捕された。
「著作権侵害の違法性を認識しながら更新を続けた」というのが直接の引き金。

容疑者は略式起訴で罰金処分となる模様。
今後、使用者の摘発が進んでいく可能性ありです。

警察側にしてみれば、「こういう犯罪の捜査は面倒だから、作るやつは逮捕。」っていう短絡的な判断なのかもしれない。
しかし、ユビキタスコンピューティング社会の到来により、P2Pはより注力すべき分野であり、技術的な加速がますます求められる。
国内および国際社会の流れを無視した今回の異例な逮捕は、日本の技術力衰退を助長する可能性がある。

今回の逮捕で、フリーウェアの開発をしようとする人が減る可能性もある。
今後外貨を獲得するための重要な産業へと発展することが期待されるソフトウェア分野へ流れる優秀な人員が減り、またモチベーションを妨げることにつながるのではないか。

それにしても、日本の社会がソフトウェアに関して十分な理解を示していないことが改めて示された結果となった。

警察は、違法性の高さよりも、インパクトのある人を、団体ではなく個人という逮捕しやすいところから逮捕するんですね。
開発者ではなく、使用者や違法行為を助長する雑誌編集部など違法性の高い人が他にもいるはず。
さらに、仮にWinnyを開発したのが海外の人だったら、逮捕はなかった。
今回の開発者の逮捕は、最小限の労力で最大限の報道効果を挙げただけで、違法行為の抑制に直接繋がるかどうかは疑問である。
日本には「司法取引」がないため大量逮捕はあり得ないから、使用者の摘発には限界があるということも要因の一つですけど。

税金も搾取しやすいところから取る。
「出る杭は打たれる」みたいな日本的精神がここにも垣間見られた感じがする。
Winny開発者のような優秀な人は、このような社会になじまず、海外にヘッドハントされる時代がなのかもしれない。
多様性や専門性が求められる昨今、日本はこの精神のままでは危険かもしれない。

投稿者 kazumichi at 02:05: [diary]

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL
http://www.kazumichi.org/b/mt-tb.cgi/104


コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?
Do you want to register your name and E-mail Address?





以下のボックスに左の数字を入力して下さい.
(Please enter the characters into the below textarea.)