2004年04月26日

サッカーな週末(遅ればせながら)

U-23サッカー日本代表、親善試合でギリシャ代表を2−1で下す!!
サッカー女子日本代表、強豪北朝鮮を破りアテネ五輪出場決定!!
サッカー日本代表、ハンガリーに・・・2−3で惜敗。(しょぼーん。)

単純に比較できないことは100も承知、1000000000くらい承知ですけど、・・・しょぼーん。




ハンガリー戦は本山が機能しなかったら、3−0で負けてもおかしくない内容。
最後のPKは、アウェイ且つ親善試合だから、議論の対象とはならないとして。

現状の問題点は、とりあえず4つ。

まず、チームとしての一貫性が存在しない。
イマジネーション豊富なプレーが理想だとしても、現状はあまりに場当たり的すぎる。

それから、中盤でボールキープしてくさびになる選手がいないことも致命的。
U-23の田中達也選手みたいなタイプとか、ジーコジャパンに必要な人材でしょう。

さらに、チーム内での競争意識が著しく欠けている。
玉田選手みたいにフレッシュな人材をもっとフレキシブルにチームに入れよう。

最後に、絶対的なストライカーがほしい。
U-23での田中達也選手や、女子代表の大谷選手みたいな。
浦和のエメルソン帰化で、来年にこの問題は解決か?(無理って言う話もあるけど)

磐田のグラウ選手も帰化してくれないかな。
楽観的・希望的観測だけど、そうしたらすごい2トップが出来上がるよね。





問題は山積だけど、僕は、ジーコ監督自身を批判したくはない。
トルシエ監督の時代から後退しているとは思わないから。
ジーコ監督の下で、確実に前進しているのは間違いない。
でも、現状のベクトルでは、「ドイツW杯でベスト8」という理想が実現するとは思えない。

ジーコ監督を選出したことに関しては正解だと思う。
トルシエ監督では、2002年W杯の対トルコ戦での指揮の通り、16強以上は望めないからだ。
また、ジーコ監督のネームバリューで、強豪との国際マッチが組めていることは否めない。
協会も監督契約時に、未知数な監督能力に目をつぶる形で、その強みを手に入れた。

また、個々の選手が自発的にプレイしコミュニケートするというジーコ監督のプラン。
「無策だ」と否定されることが多いし、確かに無策なのだが、強豪国の仲間入りをするためには避けて通れない過程であって、遅かれ早かれ必要だ。
今の代表、声出さなすぎ。

監督は監督なりに、全力を尽くしていると思う。
ただ、選手調査や他国の調査、また戦術思案やアドバイスを行い、ジーコ監督が認めてくれる優秀なブレーンが一人いたら、ベクトルはかなり上向くと思うし、目標の「W杯8強」も夢ではない。
けど、監督は拒否してるんだよね。
現状じゃ、8強は無理だよな。
16強も怪しい。




所謂欧州組に対する贔屓目も問題。
各大陸のクラブ王者が一堂に会するFIFA世界クラブ選手権が開催されて、Jリーグのクラブが欧州や南米のクラブと対等に戦って、Jリーグのレベルを認めて貰うまでは、変わらないかもしれないな。

欧州組だったら、怪我が癒えつつある戸田を呼ぶとおもしろいかも。

それから、ジーコ監督支持派だけど、ジェフ市原のオシム監督とか日本代表指揮したらおもしろいと思う。






それから女子代表、対北朝鮮戦について。

女子代表は、結果的に3点とったけど、そのうち2点は相手のミスだからね。
最後の1点は、逆転が難しい状態になった北朝鮮選手の、モチベーションが失われた結果だし。

前半10分で、いつもはしない、そして絶対にしてはいけないミスをした北朝鮮。
あの1つのミスが無ければ、北朝鮮に大敗していた可能性は否定できない。

ミスを見逃さず、ホームの声援を受けて積極的なゲーム展開をした女子代表は褒められてしかるべきだけど、実力的に北朝鮮を超えたとは短絡的に考えない方がよいと思う。

勢いに乗ったサッカー日本女子代表。
今日の対中国戦は、勝てば「自信が確信に変わる」かもしれなかったので、その勢いで撃破してほしかった。

投稿者 kazumichi at 21:03: [soccer]

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL
http://www.kazumichi.org/b/mt-tb.cgi/96


コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?
Do you want to register your name and E-mail Address?





以下のボックスに左の数字を入力して下さい.
(Please enter the characters into the below textarea.)