2004年04月20日

コンピューティングサイエンスのノーベル賞

CNN.co.jp 2004.04.16 の記事より


フィンランド科学技術賞財団は15日、第1回目の21世紀科学技術賞に、インターネット上でホームページを閲覧する仕組みのワールドワイドウェブ(WWW)の発明者、英国人のティム・バーナーズ=リー氏(48)を選出した、と発表した。賞金は100万ユーロ(約1億2960万円)。授賞式は6月15日にヘルシンキで開催する。

コンピューティングサイエンスのを含む工学の研究分野は、どんなに世界に貢献したとしてもノーベル賞において受賞する賞が無い。
しかし、「21世紀科学技術賞」が2002年に新設されて、その分野をカバーする事となった。
ノーベル賞と違って、今賞は隔年の授与らしい。
ノーベル賞はスウェーデン、今賞はフィンランドと、両方とも北欧で授与される。
賞金も同等くらい。
関連研究者の励みになるのは言うまでもないだろう。

投稿者 kazumichi at 00:27: [diary]

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL
http://www.kazumichi.org/b/mt-tb.cgi/81


コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?
Do you want to register your name and E-mail Address?





以下のボックスに左の数字を入力して下さい.
(Please enter the characters into the below textarea.)