2004年04月09日

イラク邦人人質事件

今回の事件では、3人の邦人の命がかかっているという状況からしても、自衛隊の即時撤退を決定するのが妥当であろう。
しかし、政府内では、「3人の邦人の命」<「石油利権+アメリカとの友好関係」という図式ができあがっているのだろうか、撤退の意志は一切ない。

政府は、あらゆる情報を元に、犯人を暴き出し救出に全力を投じるといっている。
しかし、何処にいるのか、どんな団体なのかよくわからないテロリストの場所を暴き、人質を傷つけずに解放させるなど、可能性は天文学的に低い。

おそらく、今月初旬、アメリカの民間人がイラクで殺され、遺体が市内を引きずり回された事件によって、日本政府はアメリカから釘を刺されている状況にあるのだろう。
しかし、今回人質となった邦人の方々も、このまま政府が自衛隊を撤退しない決定を継続するとなると、そのような運命をたどらざるを得ない可能性がある。

このような事態となった場合、政府はどう責任をとるつもりだろうか。
万が一の場合どうするのか?という記者の問いに関しては、首相は「そうならないように全力を尽くす」という訳のわからない答弁をしている。
現在起こりうる可能性の最も高い事象に対して、政府見解を返答すべきだろうが、無理な話か。

少なくとも、これ以上の犠牲を出さないために、イラク国内にいる邦人の方々も、強力な民兵を自費で雇って自衛している場合を除き、即時国外へ待避すべきである。
今回の人質事件は、始まりにすぎない気がする。
しかし、邦人の民間人が非武装でイラク国内に居たというのは私にとって驚きであった。

一方、国内世論に目を向けると、MSN毎日インタラクティブのWebゴングでは、撤退賛成派が27%にたいし、撤退反対派が69%もいる。

iraqwebgong.jpg

本当か?
日本国民の3人に2人は、犠牲者が出ることを黙認しているのか?
投票の絶対数が書いていないため疑わしい上に、報道規制がされている可能性もあるので短絡的に信じることは出来ない。
この数字は、私には信じられない。
黙認している人には、http://videojts.france2.frの「Journal de 8h」の「Vendredi 09 Avril」を見てほしい。(セキュリティホールmemoより)
ナイフの拷問がひどすぎる。

簡単には引き下がれないというのはわかるが、自衛隊の即時撤退が最善の道であると私は思う。
日本の軍隊がイラクにいるのに出動できないというジレンマは皮肉だ。

投稿者 kazumichi at 22:40: [diary]

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL
http://www.kazumichi.org/b/mt-tb.cgi/75

breast reduction huge

Posted by: breast reduction huge : 2007年04月07日 05:57
commodity future intraday market price quote

Posted by: commodity future intraday market price quote : 2007年04月10日 12:04
dean husband koontz

Posted by: dean husband koontz : 2007年04月13日 09:58

コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?
Do you want to register your name and E-mail Address?





以下のボックスに左の数字を入力して下さい.
(Please enter the characters into the below textarea.)