ChangeLog 最新ページ

Meadow - KazLog ChangeLog

最終更新時間: 2009-05-28 23:58

2007-06-01 Fri

.emacs [Meadow][Emacs]

(setq default-coding-system 'sjis-dos) が肝要

'sjis では、ChangeLogがISO-2022-jpになる可能性がある。

2007-05-31 Thu

Meadow [Windows][Meadow]

Carbon Emacs Packageが重かったのは、emacsバイナリにlispファイルが大量に埋め込まれていたから。

Meadowの場合は、バイナリが1.7MB程度しかないように、違うようだ。

ただ、メモリ上は19MB。これが重い理由か?

いや、Carbon Emacsはメモリ上で25MB占有している。

cd lisp

mv recentf.el _recentf.el

mv recentf.elc _recentf.elc

以上を実行しても、emacs自体は起動する

ということは、特定の.elファイルをemacs起動時にロードするように明示されたリストが内在しているわけではないのか?

ただ単に lisp ディレクトリにパスが通っているだけで、起動時には無駄なlispファイルはロードされていないようだ。

コンパイルしても無駄なようだが。。。

では何故重いんだ?仕様として仕方がないのか?

俗に言うNTEmacs、つまりcvsをコンパイルする、はIMEとの親和性に問題があるらしい。

結論としては、ネイティブなUnix環境ではなく、エミュレーションなので、この重さは仕方ないのではないかと思った。