ChangeLog 最新ページ

Cygwin - KazLog ChangeLog

最終更新時間: 2009-05-28 23:58

2007-09-09 Sun

using MySQL from C++ via MySQL++ (on Cygwin) [Windows][Cygwin][MySQL][C++]

  • MySQL インストール
    • essentialではなく、ZIP/Installerをダウンロード, インストール.コンフィグ (D:\MySQL)
    • $ net stop mysql
    • (以前のdataがあれば) MySQL\data を以前のdataで上書きリプレース
    • $ net start mysql
  • MinWG インストール
  • [already not used now] mysql++ インストール (MinGW)
    • $ cd d:\MySQL; tar zxvf mysql++-2.3.2.tar.gz
    • $ cd D:\MySQL\lib\opt
    • $ dlltool -k -d d:\MySQL\mysql++\libmysqlclient.def -l libmysqlclient.a
    • $ vi Makefile.mingw
      • comment out "if exist $@ del $@"
      • replace-string "C:\Program Files\MySQL Server\" to "D:\MySQL\"
    • $ mingw32-make -f Makefile.mingw
  • mysql++ インストール (genuin Cygwin)
  • mysql++ インストール(linux)
    • install gcc-c++, libstdc++-devel ,zlib-devel (from rpm)
  • sample program (indicate FULL PATH)
    • $ cd /tmp
    • $ g++ -c -o simple1_simple1.o -mthreads -g -Ilib -D_UNICODE -DMYSQLPP_NO_DLL -I"D:\MySQL\include" -I"D:\MySQL\mysql++-2.3.2\lib" -MTsimple1_simple1.o -MFsimple1_simple1.o.d -MD "D:\MySQL\mysql++-2.3.2\examples\simple1.cpp"
    • $ g++ -o simple1.exe simple1_simple1.o -mthreads -g -L. -Wl,--enable-auto-import -Wl,--enable-runtime-pseudo-reloc -L"D:\MySQL\mysql++-2.3.2" -L"D:\MySQL\lib\opt" -lmysqlpp_util -lmysqlclient -lmysqlpp
    • $ cp "D:\MySQL\mysql++-2.3.2\mysqlpp.dll" .
      • OR $ cp "D:\MySQL\mysql++-2.3.2\mysqlpp.dll" "C:\WINDOWS\system32"
    • $ ./simple1.exe
  • Xerces
  • 弱った。mysql++はMinGWでコンパイルが通るがcygwinでは通らない。逆に、Xerces-cは、Cygwinでは通るがMinGWでは通らない。こっちがたてばあちらがたたず。


2007-09-01 Sat

0001.pl (main{) [Windows][Cygwin][Perl][MySQL]

  • Perl on Cygwin から MySQL にアクセスするときは、DBI/DBDではなく(ソースからのコンパイルは通らない)、Net::MySQLを使うこと。

http://sonic64.com/2004-10-11.html

  • Digest::SHA1 がないとエラーになるので、以下のrpmからインストールする。(ソースからのコンパイルは通らない)

http://d.hatena.ne.jp/Bayside/20070806/p1

2007-05-23 Wed

daemons on Cygwin [Windows][Cygwin]

Preliminary Procedure

  • $ chmod 755 /var
  • $ chmod 755 /var/log
  • $ chmod 755 /var/run
  • $ chmod 755 /var/proftpd


daemons

  • httpd(apache1)
  • crond
    • $ cygrunsrv -I cron -d "CYGWIN cron" -p /usr/sbin/cron -a -D -e "CYGWIN=ntsec nosmbntsec"
    • $ cygrunsrv -S cron
  • sshd
    • $ ssh-host-config
      • CYGWIN=ntsec nosmbntsec
    • $ cygrunsrv -S sshd
    • $ mv /etc/passwd /etc/passwd.orig
    • $ mv /etc/group /etc/group.orig
    • $ mkpasswd -l > /etc/passwd
    • $ mkgroup -l > /etc/group
    • $ mkpasswd -d >> /etc/passwd
    • $ mkgroup -d >> /etc/group
    • $ vi /etc/passwd
      • /bin/csh
  • proftpd
    • $ mkdir -p /var/log/proftpd
    • $ chown -R 18:544 /var/log/proftpd
    • $ chmod 775 /var/log/proftpd
    • $ chown 18:544 /etc/proftpd.conf
    • $ chmod 664 /etc/proftpd.conf
    • $ cygrunsrv -I proftpd -d "CYGWIN proftpd" -p /usr/sbin/proftpd -e CYGWIN="ntsec nosmbntsec" -a "--nodaemon" --termsig TERM --shutdown -1 /var/log/proftpd/cygrunsrv_out.log -2 /var/log/proftpd/cygrunsrv_err.log
    • $ touch /var/log/wtmp
    • $ chmod 666 /var/log/wtmp
    • Windowsの「ユーザーアカウント」において、パスワードが設定されているかどうかを確認する。
    • 一度sshでログインする。
    • さもないと、以下のリンクと同じ症状ではまる。
  • syslogd
    • $ syslogd-config
    • $ cygrunsrv -S syslogd
  • ebnetd (これは、何か勘違いをしていろいろやった結果のような記憶がある。不要な情報かもしれない。)
    • $ cygrunsrv -I ebnetd -d "CYGWIN ebnetd" -p /usr/local/sbin/ebnetd -e CYGWIN="ntsec nosmbntsec" -a "--nodaemon"
    • $ cygrunsrv -S ebnetd
    • /var/log/ebnetd.logに以下が出力される. 
      • /usr/local/sbin/ebnetd: unrecognized option `--nodaemon'
      • try `/usr/local/sbin/ebnetd --help' for more information
    • ebnetd --test
      • tを押しても、辞書の一覧が出ない。
    • ebnetd自体が壊れている???
    • どうも、ebnetdをwindowsで常用している人はいないらしい。