前の月 / 次の月 / 最新

KazLog ChangeLog / 2007-05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2007-05-31 Thu

ChangeLogメモ [ChangeLog]

WindowsのChangeLogが文字化けした。

これを予防するには、

  • cronでCVS commit。例えば
    • cd ~/usr/memo/
    • cvs import -m "ChangeLog" changelog kawachi changelog_0_1
    • cd ..
    • rm -rf memo
    • cvs checkout changelog
    • mv changelog memo
    • cvs commit -m "`date`" # -m オプションで修正内容を書く
  • -
    • sh
      • #!/bin/sh
      • cd /Users/kawachi/usr/memo/
      • /usr/bin/cvs commit -m "`date`"
    • 上記shをlaunchdで実現しようとして、はまる ~/usr/memo/org.kazumichi.CL.cvs.plist
    • -m invalid option となる。
    • cf. http://www.hyuki.com/techinfo/cvsinit.thml
  • -
    • ようやく動いた
    • #!/bin/sh
    • HOME=/Users/kawachi
    • CVSROOT=$HOME/usr/CVS_DB
    • cd $HOME/usr/memo/
    • /usr/bin/cvs commit -m "`date`"
  • -
    • 気づいたこと。
      • cshではうまくいかない場合がある。shで
      • HOME, CVSROOT など、環境変数もセットすること。
      • launchctl に読み込ませる plistファイルは、Program/Users/kawachi/usr/memo/CLcvs.sh等とし、可能な限りProgramArgumentsの世話にはならない。(バグの原因になる。)
  • cronでローカルにcpでバックアップ
  • cronでリモートにftpでバックアップ

Meadow [Windows][Meadow]

Carbon Emacs Packageが重かったのは、emacsバイナリにlispファイルが大量に埋め込まれていたから。

Meadowの場合は、バイナリが1.7MB程度しかないように、違うようだ。

ただ、メモリ上は19MB。これが重い理由か?

いや、Carbon Emacsはメモリ上で25MB占有している。

cd lisp

mv recentf.el _recentf.el

mv recentf.elc _recentf.elc

以上を実行しても、emacs自体は起動する

ということは、特定の.elファイルをemacs起動時にロードするように明示されたリストが内在しているわけではないのか?

ただ単に lisp ディレクトリにパスが通っているだけで、起動時には無駄なlispファイルはロードされていないようだ。

コンパイルしても無駄なようだが。。。

では何故重いんだ?仕様として仕方がないのか?

俗に言うNTEmacs、つまりcvsをコンパイルする、はIMEとの親和性に問題があるらしい。

結論としては、ネイティブなUnix環境ではなく、エミュレーションなので、この重さは仕方ないのではないかと思った。

2007-05-26 Sat

2007-05-24 Thu

出来たら幸せなこと [ChangeLog]

  • どのモード、どのファイルを開いても、ACが効くこと。(適切なhookがわからない. ChangeLogモードでACが効かない。)
  • Emacs起動時に、ChangeLogの編集画面に自動推移すること。

ChangeLog [ChangeLog][Windows]

がISO-2022-JPにて保存される。なぜ?

ChangeLogのマージ [ChangeLog]

http://d.hatena.ne.jp/ku__ra__ge/20070514/p2

winからmacにftpログインし、ChangeLogファイルをダウンロードし、リモートChangeLogを消去(同一エントリの重複を自動的に発見し回避する機能が付いていればいらないかも。ソースを読んでいないのでわからない。)した上で、マージし、chalowに掛けて、アップロード。

これをcronにやらせると、完全自動になる。

文字化けなど、万一のために、cvsに登録するとなお良い。

2007-05-23 Wed

chalow [ChangeLog]

にて HTML::Template.pm が必要

daemons on Cygwin [Windows][Cygwin]

Preliminary Procedure

  • $ chmod 755 /var
  • $ chmod 755 /var/log
  • $ chmod 755 /var/run
  • $ chmod 755 /var/proftpd


daemons

  • httpd(apache1)
  • crond
    • $ cygrunsrv -I cron -d "CYGWIN cron" -p /usr/sbin/cron -a -D -e "CYGWIN=ntsec nosmbntsec"
    • $ cygrunsrv -S cron
  • sshd
    • $ ssh-host-config
      • CYGWIN=ntsec nosmbntsec
    • $ cygrunsrv -S sshd
    • $ mv /etc/passwd /etc/passwd.orig
    • $ mv /etc/group /etc/group.orig
    • $ mkpasswd -l > /etc/passwd
    • $ mkgroup -l > /etc/group
    • $ mkpasswd -d >> /etc/passwd
    • $ mkgroup -d >> /etc/group
    • $ vi /etc/passwd
      • /bin/csh
  • proftpd
    • $ mkdir -p /var/log/proftpd
    • $ chown -R 18:544 /var/log/proftpd
    • $ chmod 775 /var/log/proftpd
    • $ chown 18:544 /etc/proftpd.conf
    • $ chmod 664 /etc/proftpd.conf
    • $ cygrunsrv -I proftpd -d "CYGWIN proftpd" -p /usr/sbin/proftpd -e CYGWIN="ntsec nosmbntsec" -a "--nodaemon" --termsig TERM --shutdown -1 /var/log/proftpd/cygrunsrv_out.log -2 /var/log/proftpd/cygrunsrv_err.log
    • $ touch /var/log/wtmp
    • $ chmod 666 /var/log/wtmp
    • Windowsの「ユーザーアカウント」において、パスワードが設定されているかどうかを確認する。
    • 一度sshでログインする。
    • さもないと、以下のリンクと同じ症状ではまる。
  • syslogd
    • $ syslogd-config
    • $ cygrunsrv -S syslogd
  • ebnetd (これは、何か勘違いをしていろいろやった結果のような記憶がある。不要な情報かもしれない。)
    • $ cygrunsrv -I ebnetd -d "CYGWIN ebnetd" -p /usr/local/sbin/ebnetd -e CYGWIN="ntsec nosmbntsec" -a "--nodaemon"
    • $ cygrunsrv -S ebnetd
    • /var/log/ebnetd.logに以下が出力される. 
      • /usr/local/sbin/ebnetd: unrecognized option `--nodaemon'
      • try `/usr/local/sbin/ebnetd --help' for more information
    • ebnetd --test
      • tを押しても、辞書の一覧が出ない。
    • ebnetd自体が壊れている???
    • どうも、ebnetdをwindowsで常用している人はいないらしい。

2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

最終更新時間: 2009-05-28 23:58